バナー

宿泊をともなうスキーツアー

スキーツアーとよばれるものには、大きく分けると、現地に宿泊するプランと、そうでないもの、いわゆる日帰りのプランとに分けられます。


現地宿泊のプランの場合には、集合場所を出発してから当日の日中も、ホテルや旅館に荷物などを置いてから、そのままゲレンデに出てスキーやスノーボードを楽しむことができ、夕刻になれば宿泊場所に戻って、夕食を食べるというかたちになります。



夕食についてもたいていはその土地で採れた自慢の料理であったり、食べ放題のバイキングであったりしますので、単にスキーをしに来たという以上の満足感が得られるはずです。

ビジネスジャーナルの情報がいっぱい詰まったサイトです。

また、こうしたツアーの目的地になるような山深い場所というのは、たいていは昔から温泉地としても知られていたようなところですので、夕食が終われば大浴場や露天風呂に浸かって、一日の疲れをいやすことができます。

次の日も基本的に帰りの集合時刻までは自由行動となっていることがほとんどですので、思い切りスキーを楽しむことができ、時間的にも精神的にも、たいへん余裕のあるプランであるということができるでしょう。

スキーツアーの評判が高いです。

デメリットを挙げるとすれば、日帰りのスキーツアーよりも高額ということですが、こうしたプランには、実は鉄道やバスで現地に向かうプランのほかにも、マイカーで直接現地に向かうプランなども用意されていることが多いといえます。


そこで、マイカーで直接乗り付けて、宿泊施設のみの手配だけを受けるようにすれば、費用的にもさらに節約をすることは可能です。